概要

現在のルールを変更したい場合に, ルールを編集することができます.その編集方法を記述します.

ルールファイル

ファイル名
ルールファイルはAEXフォルダの「S_rule_mecab.tsv」です.

rule1

レイアウト
[No,][症状][ICD][カテゴリー][SearchNo][検索文字列][除外文字列]
の順でタブ区切りになっているので,エクセルで読み込むと内容を確認することができます.
rule2

ルールファイルの編集

  1. 1行7項目のタブ区切りデータです.編集する際は必ずテキストエディタで編集してください.
     注意)保存形式は「UTF-8」「改行=LF」

    [No,]・・・大項目番号(3行目以降は省略可能)
    [症状]・・・大項目の症状(3行目以降は省略可能)
    [ICD] ・・・ICDコード
    [カテゴリー]・・・病名
    [SearchNo]・・・ルールファイル作成時の通番
    [検索文字列]・・・病名が推測される症状の文字列【例:インフルエンザ】
    [除外文字列]・・・検索文字列で間違えて抽出されると予想される文字列【例:予防接種】


  2. [検索文字列]と[除外文字列]の書き方

    1.病名が推測される症状の文字列を考えます.
     【例:病名が下痢の場合の症状は,「下痢,げり,おなかを下す,おなかがゆるい」など】
    2.同じパターンのものをまとめる場合「|」or ,「+」andを使用することができます.
     【例1:(下痢|げり),例2:おなか+(下す|ゆるい)】
    3.Mecabの単語の区切れで半角スペースを入れる必要があります. →Mecabの単語の区切れの調べ方
     【例1:( 下痢 | げ り ),例2:おなか + ( 下す | ゆるい )】
    rule3

  3. 保存

    保存形式は「UTF-8」「改行=LF」で保存してください.

プライバシーポリシー

奈良先端科学技術大学院大学ソーシャル・コンピューティング研究室(以下,本研究室)が提供する成果物のプライバシーポリシーを定めます. 使用される方は,本規約を熟読し,内容をご理解いただいた後に,使用を開始していただくようお願いいたします.

免責事項

成果物は,可能な限り細心の注意を払って開発しました. しかし,完全な信頼性や堅牢性を保証しているわけではありません. 結果的に本アプリ及びデータを使用して何らかの問題が発生した場合, 提供元である本研究室は一切の責任を負いかねます. ご使用になる場合には自己責任でご活用いただくようお願いいたします.